<当店の名を語る悪質サイトにご注意ください>
当店の名前(屋号)を語り、物品を販売しているサイトがございます。 くれぐれも偽サイトにて、ご注文・お振込みをされないようご注意ください。【詳細はコチラ】


職人インタビュー

日本酒博物館から蔵人への独占インタビューについて

職人インタビュー 日本酒博物館では単純に「お酒を飲み、味わう」だけではなく、自分の精神や命を削りながら日本酒を造っている職人さんの思いや生き方を知って「より深く日本酒を感じて頂きたい」という思いから、商品取り扱いのある各蔵の職人さんへ質問させていただきました。一様に日本酒といっても生産される地域はもちろんのこと、理念や作り方なども各々違いますので、各蔵人の思いや生き方を感じて、あなたの気になる蔵を見つけるお手伝いが出来ればと思っております。今後、ロングインタビューも掲載予定!

千代菊株式会社

酒蔵:千代菊
場所:岐阜県羽島市
杜氏:片野義人さん
取材日時:2015/11/26
岐阜県長良川近郊、冬の早朝3時半。まだ外は漆黒の闇に包まれ、吐いた息が白くなる中、淡々と片野杜氏の酒造りは始まる。17年間杜氏を勤められている片野杜氏はシーズン中、毎朝休むことなく蔵へ出向く。酒は生き物であり、毎回が真剣勝負だという杜氏のまなざしはまるで子を育てる親のよう。酒造りのモットーとは?今年の千代菊の酒の出来栄えは?片野杜氏の生の声をお伝えする、短編ドキュメンタリー。


千代菊酒造 千代菊は、木曽川と長良川に挟まれた岐阜県羽島市にあります。酒造用水は地下128mから汲み上げる清流長良川の伏流水で、カルシウムなどの無機質を適度に含んでいます。この清らかな名水が千代菊ならではのまろやかさを生み出しているのです。また、歴史と伝統に培われた技量が醸し出す美濃の銘酒たち。有機認定米100%のお酒造りに取り組んだ、全国新酒鑑論会『金賞』受賞回数15回の実績を持ちます。さらにモンドセレクション2年連続金賞!!有機純米吟醸酒や大吟醸、純米・吟醸酒・季節のお酒など様々なラインナップでファンを1年中楽しませてくれる名酒蔵です!
千代菊 杜氏 片野義人さん
千代菊 杜氏 片野義人さん
Q.なぜこの仕事についたのですか?
自分の手で思い通りに造った酒が呑めると思ったから。
Q.師匠はどなたでしたでしょうか?
越後杜氏 風間保雄さん
Q.蔵の良さ、他の蔵にはここは負けない点など教えてください。
明るく仕込みがやりやすいように自分で改造し、8月の暑い時期から翌6月までの長期間、季節限定・無濾過生原酒などの仕込みをしています。新米が獲れたらどこよりも早く酒を仕込み、どこよりも早く店頭に並ぶよう出荷しています。
Q.あなたにとって日本酒とは?
アルコール飲料の中で、一番美味いものが日本酒だと思っています。
Q.日本酒の作り手として目指しているものを教えてください。
アルコール飲料の中で、一番美味いものが日本酒だと思っています。
Q.昨日、仕事を終えて飲んだお酒は?(種類・銘柄や美味しかったポイント)
2月に蔵出された寒造り新酒生酒を冷蔵庫で冷やし、生酒の風味を味わいながらグラス一杯楽しむ。その後、辛口吉生貯蔵の300mlの冷えたのを呑んだ。寒造り新酒生酒は生酒のフレッシュ感がありながら、旨みが乗ってきていて美味い。吉生貯蔵はのど越しがよく、スーッと入っていく感じがたまらない。

富久錦株式会社

富久錦株式会社 「富久錦」は、天保10年(1839)創業の蔵元です。酒銘は、めでたいふく(富久)、蔵の四季で最も美しい秋の紅葉から錦から命名されました。戦後の米不足から醸造アルコールを添加した酒が広まりましたが、その昔、酒は米と水だけで造った純米酒が主流でした。富久錦が純粋な酒を追及して、たどり着いた先はこの「本来の酒」でした。 それから、「よい食品を作る会」の加盟、より純粋で真実の酒造りを行いたいという願いから、平成4年より全量純米酒による酒造りをはじめました。また、原料に使う米にもこだわりを持ち、平成7年より地元(加西)の米を使用しています。原料米は、「山田錦」「日本晴」などの地元米だけに限定し、地元の米・水・人による酒造りを貫いています。 「人と自然の調和」という信念のもと、品質にこだわり、平成9年より無化学肥料栽培の米を年々増やし、現在では原料米の6割が特別栽培米です。
富久錦 杜氏 村崎哲也さん
富久錦 杜氏 村崎哲也さん
Q.なぜこの仕事についたのですか?
大学で栄養学を専攻しており、伝統的な食品関係の製造に興味があり、大学時代から日本酒の地酒が好きだったこともあり、入社しました。
Q.師匠はどなたでしたでしょうか?
前日本酒造杜氏組合連合会会長 丹波杜氏組合顧問 小林信男さん
Q.蔵の良さ、他の蔵にはここは負けない点など教えてください。
全量地元加西市産米を使用し、純米造りの酒のみを醸す純米蔵です。純粋でありたいという願いを込めて酒造りに励んでいます。
Q.個人的に他の蔵で面白いと思う銘柄や注目している杜氏はいらっしゃいますか?
色々な蔵の純米酒が全て勉強になります。
Q.あなたにとって日本酒とは?
日本酒とは、みんなを笑顔にするものだと思います。日本酒を楽しく醸す、そうやって醸した日本酒は、飲んでいる人を笑顔にします。
Q.日本酒の作り手として目指しているものを教えてください。
これが富久錦だという純米酒を造り上げること。
Q.昨日、仕事を終えて飲んだお酒は?(種類・銘柄や美味しかったポイント)
食中酒 富久錦 特別純米
食後酒 富久錦 柚子酒

本田商店

本田商店 醸造元「本田商店」は兵庫県姫路市にある大正12年創業の蔵元です。県内でいち早く吟醸造りに着手し「良い酒は、良い米から」と、最高の酒米を使うことにこだわって酒を醸す蔵元です。酒米は特A地区特上山田錦を2000俵以上を確保、使用しています。平成元年に落成した最新鋭の吟醸専門蔵「尚龍蔵」を有し、最高の条件を満たして吟醸造りに挑んでいます。 原料へのこだわりは蔵で使用する酒米全体の85%を山田錦を使用しているほどなのです!さらには、日本で最も高価な米(特A地区特上米)を使い、その酒米を40~35%までに磨きあげ、贅沢な吟醸酒を造り上げています。さらに大吟醸の仕込み量が非常に多く、吟醸蔵と呼ばれるほど。全般に、渋味や苦味を感じない米の旨味が凝縮された芳醇な味が特徴です。
本田商店 杜氏 藤原剛さん
本田商店 杜氏 藤原剛さん
Q.なぜこの仕事についたのですか?
職人仕事に憧れていて、出会った仕事が、酒屋仕事だったため
Q.師匠はどなたでしたでしょうか?
今まで、自分を育ててくれた、先輩杜氏の方々
Q.蔵の良さ、他の蔵にはここは負けない点など教えてください。
原料米のこだわり、吟醸比率、チームワーク
Q.個人的に他の蔵で面白いと思う銘柄や注目している杜氏はいらっしゃいますか?
自分の周りにいる、沢山の同年代杜氏さん(仲間たちであり、良きライバル)
Q.あなたにとって日本酒とは?
生きがい、中心、勝負所!
Q.日本酒の作り手として目指しているものを教えてください。
吟醸といえば、龍力と言われるくらいのチーム一丸となった酒造り
Q.昨日、仕事を終えて飲んだお酒は?(種類・銘柄や美味しかったポイント)
大吟醸 米のささやき。 <購入はコチラ>
香りよく、口当たりが柔らか。程よい甘みでキレがある

神戸酒心館

神戸酒心館 醸造元「神戸酒心館」は、兵庫県神戸市にある蔵元です。全国新酒鑑評会での金賞受賞は、平成5年~9年、11年~14年と、最近だけでもこれだけの実績を持つ実力を持っています。平成7年の阪神大震災で木造蔵が倒壊。こだわりの酒造りのための酒蔵と酒文化を発信する施設を造り、社名も「神戸酒心館」に改めたのは、新たな決意からのもです。兵庫県が誇る日本一の酒米、山田錦を使った吟醸酒が自慢のお酒です。近年では、イチゴのようななめらかな香味の吟醸酒が安定して造られています。また、「凍結酒」も注目の商品でもあります。しぼりたての新鮮な原酒を瞬間冷凍させ、マイナス20℃という超低温にて保存したもので、この技術は神戸酒心館の特許商品でもあります。
神戸酒心館 杜氏 宮本哲也さん
神戸酒心館 杜氏 宮本哲也さん
Q.なぜこの仕事についたのですか?
子供のころから、ものつくりが好きだったことと、大学で微生物を専攻し、酵母の研究をしていた関係から、バイオに興味と関心があった。
Q.師匠はどなたでしたでしょうか?
丹波杜氏 小島喜一さん
現在は上田酒類総合研究所 上田護圀 先生
Q.蔵の良さ、他の蔵にはここは負けない点など教えてください。
おいしさを極めるために手造りによる丁寧な酒造り。
全員が「杜氏」として技量を備え、互いに切磋琢磨し技術をみがいている。
昔の酒造りを生かし、ITを活用した衛生的な酒造り
Q.個人的に他の蔵で面白いと思う銘柄や注目している杜氏はいらっしゃいますか?
北川本家 富翁 田島杜氏
Q.あなたにとって日本酒とは?
人生の絆
Q.日本酒の作り手として目指しているものを教えてください。
「和」をモットーに、いいチーム作り。
米のうまみを引き出し、芳醇できれいなお酒を造る
Q.昨日、仕事を終えて飲んだお酒は?(種類・銘柄や美味しかったポイント)
福寿 御影郷純米酒300ml
コクがあってすっきりしている、飲みやすい。

宮崎本店

宮崎本店 醸造元の「宮崎本店」は、世界酒類コンクールで十七年連続金賞を受賞していることで知られる三重郡楠町南五味塚の「宮崎本店」。1846年創業以来、品質本位を第一に米本来の味を追及し続けている蔵元です。 鈴鹿川伏流水を醸造用水とし、三重県産伊賀米ほか山田錦・五百万石などを酒米として使用しています。また、ISO9001・ISO14001認証取得、紛争により荒廃したカンボジアに小学校を寄贈するなど、環境問題、ボランティアに積極的に取り組んでいます。
宮崎本店 杜氏 長谷川元輝さん
宮崎本店 杜氏 長谷川元輝さん
Q.なぜこの仕事についたのですか?
基本的には社命です。ですが、入社したときに社長から「いずれは社員で酒を造っていく会社にしたい」というお話を聞いていたので、酒造りに携われるかもという期待はありました。杜氏は想定外でしたが。
Q.師匠はどなたでしたでしょうか?
河村金一郎氏。南部杜氏です。
Q.蔵の良さ、他の蔵にはここは負けない点など教えてください。
仕込み水に使っている鈴鹿山脈の伏流水は超軟水。その特性を活かした酒は綺麗な甘口。それは南部杜氏の作る綺麗な酒を造る技術と非常にマッチしています。飲み飽きしない綺麗な酒が特徴です。
Q.個人的に他の蔵で面白いと思う銘柄や注目している杜氏はいらっしゃいますか?
株式会社 土井酒造所 「開運」
Q.あなたにとって日本酒とは?
日本酒造りは古い歴史を持つ伝統産業に見えて、その実、非常に理に叶った世界最高峰の発酵技術です。技術者としてこんな奥の深い世界で仕事できる上に、自分の想うような美味しいものを造りだすことが出来るなんて最高じゃないですか。
Q.日本酒の作り手として目指しているものを教えてください。
会社に入った時は日本酒が嫌いでした。でも蔵に入って杜氏さんの美味しい日本酒と接するうちに日本酒が好きになりました。次は、自分の造る酒で「日本酒って美味しいんだ」と思ってもらえる人を増やせればと思います。
Q.昨日、仕事を終えて飲んだお酒は?(種類・銘柄や美味しかったポイント)
社員旅行でこっそり買った沖縄古酒をチビチビと。

大和川酒造店

大和川酒造店 大和川酒造店は、江戸時代中期の寛政二年(1790)創業以来、九代にわたって酒を造り続けてきました。変わることのない清冽な飯豊山の伏流水を仕込み水として使用し代々の杜氏の一途な心意気によって「弥右衛門酒」をはじめとした銘酒を生み出してまいりました。
大和川酒造店 杜氏 佐藤和典さん
大和川酒造店 杜氏 佐藤和典さん
Q.なぜこの仕事についたのですか?
家のもの(社長の次男)なので。
Q.師匠はどなたでしたでしょうか?
先代越後杜氏 阿部伊立さん
Q.蔵の良さ、他の蔵にはここは負けない点など教えてください。
自社田。自社栽培が20ヘクタール(約1500俵使用)
Q.あなたにとって日本酒とは?
和醸良酒
Q.日本酒の作り手として目指しているものを教えてください。
とにかく美味い酒
Q.昨日、仕事を終えて飲んだお酒は?(種類・銘柄や美味しかったポイント)
連日の田んぼの草刈りの後、ビールを飲みました。

新潟銘醸株式会社

新潟銘醸株式会社 原料を吟味し、米を磨き丁寧に造っている新潟銘醸は、小千谷縮や錦鯉で有名な新潟県小千谷市にある蔵元です。昭和13年(1938年)長岡市で機那 サフラン酒(薬用酒)を製造していた二代目吉澤仁太郎らが中蒲原郡村松町(現五泉市)に二つの酒蔵を集約し、新潟銘醸株式会社を設立しました。仕込水には、錦鯉の色上がりが良いと言われている良質の水を使用しています。仕込みに使う原料米は、ほとんどが新潟産米使用で、伝統の技と丁寧に自家精米し原料に用いているため、後味のスッキリとしたお酒に仕上げっています。きめが細かくまろやかで一口お飲みいただくとそのおいしさがわかります。
新潟銘醸 杜氏 細川忠清さん
新潟銘醸 杜氏 細川忠清さん
Q.なぜこの仕事についたのですか?
冠婚葬祭始め、人間の生活に切っても切り離せないお酒。その酒造りに長く携わってきた1人として、前杜氏の後継として指名され、責任の重大さと人の上に立つ器ではないことを知りながら引き受けた次第です。
Q.師匠はどなたでしたでしょうか?
前杜氏の横山敏さんです。
Q.蔵の良さ、他の蔵にはここは負けない点など教えてください。
雪国という自然環境の中、良水に恵まれた条件であり、蔵人の酒造りに対する熱い想いがあります。
Q.あなたにとって日本酒とは?
生活の中の一部であり、飲まないと1日が終わらない必要なものです。
Q.日本酒の作り手として目指しているものを教えてください。
色々なアルコール飲料がありますが、少しでも多くの人が好んで飲んでくれる、そんな日本酒を造っていきたいと思っています。
Q.昨日、仕事を終えて飲んだお酒は?(種類・銘柄や美味しかったポイント)
自社の千萬長者(長者盛)です。
味があってふくらみがあり、キレイで飲みやすく、とても美味しいお酒です。

富士高砂酒造

酒蔵:富士高砂酒造
場所:静岡県富士宮市
杜氏:小野浩二さん
静岡県富士宮市、富士の裾野に位置する富士高砂酒造。 100年以上かけて富士山の大地でろ過された伏流水で酒を仕込む、 まろやかできめの細かいまろやかさ、山廃仕込みでさらに膨らむ優しい口当たりの酒。 水・米・そして人を信じて醸す。蔵人のチームワークがより確かな品質の酒を生み出す原動力です。 小野浩二杜氏の生の声をお伝えする、短編ドキュメンタリー。


富士高砂酒造 富士高砂酒造は、全国の総本山であります静岡県富士宮市の「富士宮浅間大社」すぐ西側にあります。当蔵の発祥は、1820年(文政年間)あたりに滋賀県蒲生郡日野町の山中正吉が創業したと伝えられ、現在の地に「酒蔵」を構え酒造りを創めたのが、1831年(天保2年)と聞いております。当時、駿河湾より駿東にかけて「ごうりき」という酒造に適した米がとれ、また富士山の伏流水が豊富に使えるというこの地に出会った縁により、「能登杜氏」とこの地で酒造を生業としたとのことです。蔵の特徴としまして、仕込み水の富士の水(軟水)の素質より口当りの優しく少し甘く感じる酒質、そして代々「能登杜氏」による「山廃仕込」「再仕込」等の味口造りです。全体の造りは、約2500石(一升壜で約25万本)ほどで、主な原料米は1/3が兵庫県産山田錦、ほかに北長野の美山錦、北陸の五百万石です。上撰を含む75%程が特定名称の造りです。
富士高砂酒造 杜氏 小野浩二さん
富士高砂 杜氏 小野浩二さん
Q.なぜこの仕事についたのですか?
当時弊社に在籍していた知人に誘われて。杜氏になるとは思ってもいなかった。
Q.師匠はどなたでしたでしょうか?
前杜氏 吹上氏(享年69歳)
Q.蔵の良さ、他の蔵にはここは負けない点など教えてください。
創業来、欠かしたことのない富士山伏流水仕込みの山廃造り「静岡山廃」
Q.個人的に他の蔵で面白いと思う銘柄や注目している杜氏はいらっしゃいますか?
県内の青島酒造の青島孝氏は、杜氏としても経営者としても尊敬しています。
Q.あなたにとって日本酒とは?
「日本酒」というより酒造りは、円周率みたいなもの.....答がない.....永遠に.....
Q.日本酒の作り手として目指しているものを教えてください。
祝い、笑い、喜び、癒しの少しでもお役に立てれば良いと思っています。それに選んでもらえる酒でありたいです。
Q.昨日、仕事を終えて飲んだお酒は?(種類・銘柄や美味しかったポイント)
晩酌はしません。寝る前にほんの一口、梅酒を口にすることはあります。

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 電話窓口のみ

ページトップへ